センスが光る☆おしゃれ浴衣を厳選比較!

Home > 最新の浴衣情報 > 藍色の浴衣は小物使いで新鮮に装える

藍色の浴衣は小物使いで新鮮に装える

浴衣の色といえば藍色と白というように、奢侈禁止令でそう定められていた江戸時代、わずかなさにもその魅力を見出した繊細な美意識によって、さまざまなニュアンスの藍色が生まれました。
すべての人に必ず合う藍色があり、日本女性をもっと美しくみせてくれる色といってもいいほどです。
浴衣の王道とも言える藍色は古臭く考えられがちですが、帯あわせや小物使いなどのコーディネートによって新鮮な表情を見せてくれる懐の深い色です。
その楽しみを味わいながら着こなすようにします。
たとえば、やや碧みを感じる、明るい納戸色に映える真っ白な萩の柄は、流れるような配置と丸みのある柄が、すっきりとした爽やかさと大人のかわいらしさを兼ね備えた雰囲気になります。
透け感の美しい紗博多の半巾帯にトンボの帯飾りを揺らしたコーディネートで王道クラシカルを新鮮な表情にすることが可能です。



夏の過ごし方で浴衣もおすすめです

旅館で過ごす時に、浴衣が用意されている所もあり、温泉に入った後など、着替えてリラックスできる方もたくさんいます。
また、着ることで夏を感じる方もいたりと、普段の生活でも着ることができるように、浴衣の商品情報をチェックしていくこともオススメです。
締め付ける所が多い服を着ていることで、疲れを感じてしまう方もいるため、リラックスできる自宅での過ごし方を考えていく時に、涼しさを感じやすい素材で、着心地が良い物を見つける事も大切です。
読書を楽しむなど、リラックスして過ごしたい時に、浴衣も着心地が良くお気に入りのアイテムとなる方もいるため、インターネット通販サイトで手ごろな価格で購入できる商品を見つける方もいます。
また、家族で着ることができるように、サイズをチェックして、商品を揃えていくこともできるため、楽しく夏を過ごしたい時に注目です。



浴衣は気軽に着ることができるのがうれしい

浴衣は着物よりも格段に着付けが楽で、自宅で普通に洗うことができるのが魅力です。
近年、和服人気が高まっていますが、着るのが難しそう、洗うのに手間がかかると言って敬遠する人もいます。
そう言う人は、手軽に着ることができる浴衣から始めましょう。
基本的に夏に着るもので、普段着としてきたり祭りや花火大会に来ていくことがほとんどです。
カジュアルな場にふさわしい和服になります。
フォーマルな場に来ていくのはやめましょう。
また、和服を着るときは小物にも気を配るべきですが、浴衣は普段使っている時計やバッグを合わせて構いません。
もちろん、より雰囲気を出すために、和の小物を使ってもOKです。
また、着物は胸元がはだけると見映えがよくありません。
しかし、ゆかたは少々はだけてもおかしくありません。
むしろ、良い雰囲気が出ます。

次の記事へ