センスが光る☆おしゃれ浴衣を厳選比較!

Home > 最新の浴衣情報 > 自分に合った浴衣の選び方のポイント

自分に合った浴衣の選び方のポイント

これからの夏の季節では、花火大会なども各地で行われるので、浴衣を着る機会も増えてきますし、今年こそは浴衣を着てみようと考えている人もいるでしょうが、選び方を知っていると選びやすくなります。
自分の好きなデザインの絵柄などから選ぶということは当然ですが、自分の好きな絵柄などのデザインが、必ずしも一番似合うデザインではないということもしばしばあります。
ぞのデザインでも似合うとも言えますが、やはり、色々な条件から似合うものを選ぶ方が、他の人に見せる場合や恋人などに見せる場合でも印象が違ってきます。
背の高い人に似あうというものや背の低い人に似あうなどの違いや、丸顔の人に似あうなどの顔の形での違いもあります。
そのほか全体の雰囲気にぴったりという場合もあれば、何か違和感があるという場合もあります。
それらの知識から絞り込むのも一つの方法です。



雰囲気や背の高さなどから選ぶ浴衣

浴衣を選ぶ場合には、たとえば小柄な人の場合に、浴衣の表面も他の人よりは小さくなりますので、アピール度が少なくなります。
その場合には、注目されるような柄がおすすめになります。
例えば華やかな感じのものとか、小さな絵柄がたくさん集まっているような柄とかです。
雰囲気に合い、小柄な人でも注目されるような柄ということで探すと良いかもしれません。
本人が着やすい柄が一番ですが、小柄な場合などは、少しぐらいはででも良いかもしれません。
自分のいつもの服装での認識が必ずしも正しくなく、自分が普さん選んでいるようなタイプではない絵柄の方が映えるということもありますので、家族や友人などによく相談をしてみると勇気も出てきます。
そして全体的な印象なども見てみると良いかもしれません。
着るだけでガラッと雰囲気が変わる衣装もあるからです。
いろいろ試してみるのもおすすめです。



浴衣の柄や帯の色などで選ぶ選び方

浴衣には当然帯がありますが、浴衣自体の色柄だけではなく、帯やその他の小物で演出をするという方法もあります。
例えば小柄な人の場合には、ふわっとした絵柄のデザインの方が、大きめに見えやすくなります。
あまりきちっとした絵柄の場合には、締めつける感じになるので、小柄な部分が強調されやすくなります。
淡い色の方が良いかもしれません。
また、浴衣と同じ系統の色の帯をすると、全体的に大きく見えやすくなります。
色が繋がって見えるからでしょう。
反対に大柄の人の場合には、大柄の絵柄のデザインの方が落ち着いて見えます。
小柄な人の場合は小さな柄が集まった感じの方が良く、大柄の人の場合には、大柄のデザインの絵柄の方が小さく見えやすくなるということになります。
また、色々な人たちの姿を見るということも大切です。
最近はインターネットでもいくらでも見られるので参考にします。

次の記事へ