センスが光る☆おしゃれ浴衣を厳選比較!

Home > 最新の浴衣情報 > 浴衣を上手に着こなして夏を楽しもう

浴衣を上手に着こなして夏を楽しもう

夏の風物詩の装いというと、真っ先に浮かぶのが浴衣ではないでしょうか。
夏祭りや花火大会など、夏のイベントに欠かせないファッションアイテムのひとつです。
夏の季節しか着ることができない装いですし、風通しがよく見た目も涼しげでお洒落なので、今は女性だけではなく、男性にも人気を集めていると言われています。
最近は、オーソドックスでシンプルな柄をはじめ、キュートでポップな柄など、年配から若い人まで誰でも着こなせるお洒落なタイプのものがたくさん登場しています。
そのため、たくさんの柄の中から自分の好みのものを楽しく選べるようになりました。
また、帯の色や結び方を変えるとバリエーションが増え、着こなしの幅が広がります。
小物の使い方次第でいつもと違う雰囲気の着こなしを演出できるのも浴衣ならではの魅力です。
最近はリーズナブルな料金で販売しているインターネットの通販ショップもたくさんありますので、購入する際は利用してみると良いでしょう。



浴衣の着くずれを直す方法を知っておこう

浴衣はできる限りきれいに着こなしたいです。
しかし、慣れていないと動きにくいので、すぐに着くずれを起こします。
素敵に着こなすためのコツを知っておきましょう。
帯がゆるんでくることはよくあります。
本当は一から結び直すのがベストですが、外出しているとなかなか難しいでしょう。
応急処置で乗り切ることです。
まずは、後ろの帯と浴衣の間に手を入れ、どれぐらいのすき間があるか確認しましょう。
そして、すき間にハンカチやタオルなどを入れます。
そして、帯とおはしょりを整えましょう。
もちろん、挟んだハンカチやタオルが見えないかよくチェックしなくてはいけません。
ハンカチやタオルは色々なことに役立つので、必ず持っておくようにしましょう。
また、着くずれを防ぐためには所作にも気を配る必要があります。
ムダに大きく動かないようにしましょう。



浴衣を美しく着こなすためのテクニック

浴衣を着たら、いつも以上に美しい振る舞いをすることを心がけなければいけません。
それが浴衣を活かすことにつながります。
しかし、決して動きやすいものではないので、普段よりも動きがぎこちなくなってしまうことがあります。
美しい着こなしのためには色々なことを知っておくことが大事です。
浴衣は裾まわりがぴったりしているので歩きにくいのが特徴です。
着付けが終わったら、すぐに足を開きやすくするようにしましょう。
足を肩幅程度に開き、ひざを曲げてがに股のような姿勢になります。
すると、裾まわりに余裕ができるので、歩きやすくなると言うわけです。
また、帯がきつくなってくることもあるでしょう、その場合は、まず帯に手を親指を入れて左右に動かしてゆるめます。
さらに、帯の位置を少し下げてみましょう。
これで幾分か楽になるはずです。

次の記事へ