センスが光る☆おしゃれ浴衣を厳選比較!

Home > 最新の浴衣情報 > 浴衣の着付け方法

浴衣の着付け方法

 浴衣の着付けは自分ひとりでも出来ます。是非、自分で着てお祭りや花火大会に行きましょう。まずは、トイレを済ませておきます。先に髪をすっきりとまとめます。メイクも先にします。あまり洋風なメイクにならないようにします。下着は普段通り付けます。襟ぐりの大きいキャミソールを着ておくと汗を吸うので、快適に過ごせます。ひもや帯を椅子の背など、しゃがまないで届くところにかけておきます。足を肩幅より少し狭いくらいに開いて立って、浴衣を羽織ります。背縫いが背中の中心になるようにします。体の前で襟の下を持ち、裾の長さを決めます。くるぶし程度に合わせます。まずは右手で下前を体に合わせます。裾を10センチ程度上げます。次に左手で上前を体に合わせ、裾を5センチ程度上げます。下前が見えないように注意します。腰ひもを前から後ろに回して交差させ、前で結びます。ここをぎゅっと結ばないと着崩れのもとになります。

 おはしょりを全部出し、身八つ口から手を入れて、後ろのおはしょりを整えます。次にのどのくぼみの下に襟を合わせます。前のおはしょりを整えます。まっすぐになるようきちんと整えましょう。腰ひもを結び、ひもの端は腰のひもに入れます。伊達締めを締めます。あまりぎゅっと結ばなくても大丈夫です。帯を結ぶ前に背縫いが背中の中心に来ているか、襟の合わせは正しいか、下前の裾が見えていないか、おはしょりはまっすぐか、きちんと確認しておきます。帯は体の前で結んで後ろに回すとやりやすいです。帯を体に二巻きし、長い方を畳んで蝶の羽にします。短い方を半分に折って蝶々結びの真ん中にかぶせ、端を帯の中に入れます。着物と帯の間に帯板を挟むと帯がしわにならず、また姿勢も良くなるので、必ず使うようにします。

 着物の時はアクセサリーは使いません。髪飾り程度にします。あまり洋風でないほうが相性が良いでしょう。大きすぎるお団子や大きすぎる髪飾りは頭でっかちに見えるので、バランスに注意します。ネイルも控えめにします。バックは着物の雰囲気にふさわしいものを選びます。布製の巾着やバック、藤のカゴバックなどが良いでしょう。革やビニール、紙袋はふさわしくないので、避けたほうが良いでしょう。ショルダータイプは浴衣がしわになってしまうので、使用しません。あまり現代的なものが混ざると興ざめなので、イヤホンなどの使用は避けましょう。浴衣も下駄も慣れないと動きずらいので、本番の前に何度か練習しておきます。下駄は歯の高いものでなく、草履タイプでも良いでしょう。通常、足袋は履きません。

次の記事へ