センスが光る☆おしゃれ浴衣を厳選比較!

Home > 最新の浴衣情報 > 浴衣と着物の違いは?

浴衣と着物の違いは?

 着物と浴衣は日本の伝統的な和服のひとつですが、若い年代の人は着用するのにふさわしい場所を知っておきたい人が増えています。気温が上昇して、初夏から夏の時期になると花火大会や盆踊り大会、夏祭りなどに参加する機会が増えますが、木綿などの肌触りの良い着物は、長時間着用していても、涼しいですし、下着を着用するとすぐに着れるので、着付けも簡単です。ホテルや旅館などに宿泊をする時は、木綿素材の豊富な柄やデザインの商品をレンタルできますが、最低限の下着を身に付けると着れるので、手軽さが魅力になっています。帯の結び方も簡単ですし、現代はワンタッチの商品も販売されているので、購入をしておくと便利です。通気性に優れており、お肌に優しい素材を使用しているので、若い年代の人はもちろん、中高年以降の人も着用する人が多いです。

 留袖や色留袖、訪問着、振袖などは、木綿やウール、化繊、絹などの素材を使用した商品が多く、パーティーや結婚披露宴、お稽古事などに着用する機会が多いので、着崩れを防ぐために長襦袢、裾除け、補正用のブラジャー、専用ショーツなどをきちんと着用する必要があります。寒い時期は保温性の高い素材の商品を選ぶ必要があります。振袖は袖が長くとても華やかな印象なので、20代の未婚女性の第一礼装になっています。訪問着は準礼装なので、とても華やかで上品な印象なので、既婚者はもちろん、未婚の若い人にも高い人気があります。留袖や色留袖は、高品質な絹の素材を使用しており、フォーマルな席にぴったりな落ち着いた色や柄の商品が多く、色留袖は比較的若い、20代のミセスにお勧めです。高級感のある素材の商品が多いので、着付けに欠かせない帯や帯留めも高級感のある商品を選ぶことが大事です。

 若い10代、20代の女性は気軽に着用できる木綿の素材の商品を購入したい人が多いですが、豊富な色や柄の商品が揃っているので、どれを選んだらよいか迷っている人が多いです。紺地や白地、藍色、紫などのカラーは、根強い人気があります。古典的な印象の花柄は根強い人気がありますが、現代風のデザインの商品も揃っています。インターネット通販のお店でも、2万円から3万円前後で購入できる商品が多く、若い年代の人も購入しやすくなっています。絹などの素材を使用した色留袖や振袖は、お値段も高価な商品が多いので、大きな違いは価格もあります。信頼できる評判の高いお店を利用すると、高品質で上質な素材を使用した商品が適正な価格で購入ができます。現代は収納スペースが少ないと感じているご家庭も多いので、高級な素材を使用した商品を繰り返し着用したい人は、レンタルを利用するのもお勧めです。

次の記事へ