センスが光る☆おしゃれ浴衣を厳選比較!

Home > 最新の浴衣情報 > 幅広くある浴衣から必ず自身だけの商品が見つかる

幅広くある浴衣から必ず自身だけの商品が見つかる

浴衣は夏に着る最もラフな着物の1つで元々は湯上りに着る室内着でしたが、現代では花火大会や、お祭り、イベントなどでの、おしゃれの服装として若い方にも人気が出ています。
現代では、オリジナルのデザインから帯や、アクセサリーなど自由に組み合わせができるようになりました。
またセットでも販売されてることから、安くお手軽に購入できるようになり色んな、お店で求めやすくなってきました。
そのこともあり着やすくもなってきてることから、初心者でも安心なのが特徴になっています。
またサイズや色も幅広くあることから、どんな方でも自身にあった浴衣が見つかり楽しめます。
通販から専門店も多くあり、購入する際にも丁寧に洗い方から手入れなどを教わることもできたり、またレンタルでも利用できる、お店もあることから男女問わず利用が簡単です。



お気に入りの浴衣をみつけてたくさん着て出かけよう

着物をきる機会はあまりなくても、浴衣ならば一枚持っている、毎年、一度は手を通すという人も多いです。
夏の間、週末ごとに花火大会があったり、縁日やお祭りはもちろん、気軽なランチやショッピング、アクティブなところでは、ライブや野外フェスなど、浴衣が似合うシーンは増えています。
洋服と変わりなく、おしゃれの一環として、街着として楽しむ人も増えています。
かつて、浴衣は夏を越すものといわれ、日常着として汗をかく夏に散々きて、くたくたになったら寝巻きにして、最後はおむつにというのが定番でした。
そして、また翌年には新しい一枚とともに夏を迎えたといいますが、現代ではなかなか難しいことです。
しかし、お気に入りのものを見つけて、なるべく多くの着る機会をみつけて、夏の終わりにはしっかりと手入れをしたうえで、翌年また新鮮な気持ちで手を通せるような着方をすることが大事です。



カラーで選んでいく浴衣のコーディネート

鮮やかに涼やかにまとうというのは、浴衣ならではの夏の醍醐味です。
洋服とは違って全身がほぼ同じ色になる浴衣は、色選びがとても重要です。
たとえば、青色といっても明度や彩度、素材感や柄と帯となバランスで、さまざまな表情を見せてくれます。
より自分を引き立ててくれるような色を選ぶようにします。
たとえば、藍色はきりりと涼やかで、年齢を問わない王道の美しさです。
白と青の組み合わせは、さりげなく粋で意外とモダンな感じとなり、いろいろな表情を見せてくれます。
また、ビビットカラーは大人の余裕で着こなしたい一枚で、夏ならではの色遊びが可能です。
モノトーンは、遊び心とセンスを発揮しながら、スタイリッシュで小粋な着こなしを楽しむことができます。
そして、ナチュラルカラーは素朴なコットンワーピースのように着こなしを楽しむとよく、シャーベットカラーは見る人の目にも涼を呼ぶ、ほんのり甘くて艶やかな美人色です。

次の記事へ